アンティークの灯油ストーブ

毎日、寒いですね。。

こんな寒い季節は。
温かい食べ物、飲み物。そしてお部屋を暖めるストーブがとてもありがたい。。

アンティークショップをやっているくらいですから、古いモノへの思いは当然とことん
深いのですが、ストーブも古いモノが好きだから大変でして。。

c0165048_1632898.jpg


何がどう大変かというと。
姿かたちがパーフェクトでも実用できなきゃ物足りないし。
実用できても、色や形がいまいちだと所有する意味がない。

一言でいいますと、ビンテージカーをドキドキしながら乗ってる気分ですよ。
いつ壊れるかいつ壊れるか・・とそんな思いで。それでもうれしい。。ってあれです。。

c0165048_164258100.jpg


このストーブは。
アメリカのモノで、80~90年は時が経っています。
このホーローのブルーがたまらなくいい色あいです。

c0165048_16502158.jpg


こんな黄色のホーローポットでちょっと色遊びしてみたり。。
シュンシュンと、一日中お湯を沸かしていると家の空気が癒されてゆきます。。

c0165048_16575013.jpg


鋳物のトップの細工がまるでレース編みのように凝ってて素敵ですよぉ。。
ホント、古いモノには手抜きがありませんね。。

こちらのストーブは今のところ私物ですが、アンティークのストーブはこれからも
追い求めていこうと思っています。。
なかなか、良い状態のモノが見つからないのが現実ですが・・お好きな方のために
アンティーク「slow」は、コツコツと珍しいモノを探し続けてまいります。。

by slowslow44 | 2009-01-04 17:22 | 暮らし  

<< 買っちゃいました・食べちゃいま... 冬の過ごし方 >>