アンティーク「slow」のインディアン・ジュエリー


受け継がれてゆくべき値打ちのあるモノ・・・現代の世の中では
本当に少なくなってきたように思いますが。。

アンティークショップを運営するようになってから。
あらゆるモノに対して。

「受け継がれてゆくモノ」か「使い捨てされてしまうモノ」か・・を何を見るにしても
考えるようになりました。

別にすごく「エコロジスト」というわけでもないですが・・。

モノを選ぶ段は、いつかまた、誰かが喜んで受け継いでくれるモノ選びができる
人でありたいと望んでおります。。

アンティーク「slow」にてモノをお選びになられる方々には、その匂いを感じます。
なんというか。。
古いモノを追い求める方には、モノを大切にする気配を感じるのですよ。。

さて、本日は。
アンティーク「slow」の小さなガラスケースにて並んでいるインディアン・ジュエリー
をいくつかご紹介します。

これらは、私どもがインディアン・ジュエリーに惚れこみ、長きに渡り集めてきました
コレクションの一部の輩出です。

時を経て・・。
いつかまた、大切にしてくださる方に受け継がれてゆくモノであればいい。。と。
アンティーク「slow」の一角で異彩を放ってくれているジュエリーたちです。。

c0165048_1539149.jpg


こちらは。
純度の高いシルバーの枠に、贅沢なほどにターコイズをはじめとする石が
はめ込まれた、どっしりとしたペンダントヘッドです。
実はこちら、リバーシブル。裏側の全然違う表情は、是非実物にて見ていた
だきたいです。
このペンダントヘッドを支えている太めの革ひもは、この道の職人にイメージに
合わせて編んでもらいました。



c0165048_15401310.jpg


こちらは、ターコイズとゴールドのとても珍しいピアスです。

ゴールド部分は、灰を固めて型を作り、その型に金を流し固める。
という「ざらめ」の質感と模様を施す、トゥーファキャストという技法が使われて
います。
耳元で揺れるターコイズの量もふんだんです。



c0165048_1541685.jpg


こちらは、たっぷりと色鮮やかなターコイズを長めに連ねたネックレスです。

小粒なターコイズをさりげなくつなげたシンプルなネックレスは以外と少なく、
ターコイズが採掘されつくしつつある今では、これだけのモノはもうなかなか
見つからないと思います。
留め金とところどころの石の間には、ゴールドのパーツがあしらわれています。



c0165048_1542054.jpg


インディアンのお守りとして有名なフェティッシュ。

黒大理石で作られたモノです。
クマはパワーを示します。そして、矢印はそのパワーの通り道を表します。



c0165048_15435744.jpg


こちらは、リングです。

ホワイトバッファローとサンゴの組み合わせの、大きめだけど女性らしい繊細な
デザインです。
指にはめると一見、その意味がわかります。。



c0165048_15442936.jpg


こちらも、トゥーファキャストで型を取ったずっしりと重いシルバーのバングル
です。

当時、この作家が好きで、ずいぶんと探しもとめたモノの中のひとつです。
整列したウサギの深い彫りがインディアンジュエリーのなんともいえない
魅力です。



c0165048_15463470.jpg


こちらは、かなり豪華なターコイズのネックレスとピアスのセットです。

美しい。。としかいいようのないデザインと贅沢さを兼ね備えているジュエリー
だと思います。
これだけの、ターコイズを身につける喜びは格別です。



どれもこれも、こだわり抜いて集めたコレクションです。

是非、アンティーク「slow」にて、手に取ってみてくださいませ。


価値あるモノが。

またその価値を見出してくださる新たな方へと受け継がれてゆくこと。

それが、アンティーク「slow」の願いです。。

by slowslow44 | 2009-01-25 17:01 | アンティーク「slow」  

<< 看板ネコ・それぞれのポジション アンティーク・オランダのハットピン >>